×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

三上かーりん 物語   (筆責 服部忍海)

ドイツ・リートの音楽と詩の行間を探り、60歳を過ぎてから人文科学の博士号を取得。
在日33年の日本と生まれ育った国ドイツとの文化的『かけはし』になるのが夢。その歩みを
9つの物語にまとめました。                   (2001年 作成)

[1] ドイツから日本に来て33年、日本語で、歌曲の心を伝える
[2] 日独の文化の差を受け入れる
[3] 『水車小屋の娘』でした
[4] ミュンヘン国立音楽大学でピアノを学ぶ
[5] 結婚後、ロンドンで7年半を過ごす
[6] 3人の子どもを連れて、日本を体験
[7] 国際的な義母と昔風の母
[8] 60歳を過ぎて博士号取得
[9] 今はとても幸せ


1.ドイツから日本に来て33年、日本語で、歌曲の心を伝える


三上かーりんさんは、ドイツ・リート(歌曲)の解釈と演奏の指導を専門とし、伴奏もしている。
――「ドイツーリートには、小さいながら人間的・文学的に完結されたものが、かなりあります。
ドイツ人の私が、日本の俳句や和歌に興味を持ったとしても、よく分からない部分があるように
ドイツ・リートの詩にも、日本人には理解しにくい部分があると思います。」
そこで、その部分を解釈し説明して、歌の気持ちを汲み取ってもらうことを仕事にしている。

かーりんさんのご主人は、建築家の三上祐三氏。独特の『貝の形』をしたシドニー・オペラハウス
の設計にも加わった。最近の仕事には、東急文化村のオーチャードホールがある。従来の日本
の音楽専用ホールには無い新しい試みが成功し、聴衆, 演奏家, 施設運営者のそれぞれから
高い評価を得ている。クラシック音楽の分野で、夫はその音を最も効果的に伝えるための「器」
を作ることに情熱を傾け、妻は音の世界をいかに伝えるかの「手法」に心を砕く。いわば、音楽
のハードとソフトを分かち合う『おしどり夫婦』である。

かーりんさんが本格的に仕事を始めたのは50歳過ぎから。それまでは、5人の子宝を授かり
育児に専念していた。残念なことに、長女と長男を亡くしたが、次女のヨハナさん、三女・エリカ
さん、次男・ 陽三さんを立派に育て上げた。二人のお嬢さんは、それぞれ良い伴侶を得て、
ヨハナさんは夫妻で ウェブデザインの事務所を経営、エリカさん夫妻は建築家、陽三さんは
行政書士。嬉しいことに、ヨハナさん夫妻に一昨年“男の初孫”が誕生。かーりんさんは、
――「忙しい仕事の合間に会うのを、楽しみにしています」と語る。